風の舞い

裸婦デッサンや単純化を目指したイメージスケッチを楽しんでいます。

基地と宇宙船

ちょっと縦長ですが、そのように見えるでしょうか。SFのコンセプトアートやメカニックのようなものでも、先ずは単純な明暗からイメージすればとの記事を書きました。

SFアート

一応、基地と宇宙船のつもりで描きましたが、ほぼ想像から描き起こしているので、なんとか見られる部分を切り取りました。ホワイトも入っています。

ホワイトを入れるのに抵抗がないのであれば、いっそ全体を不透明な描画にすれば、何度でも思考を変更できます。スケッチが大雑把でも描いた本人にはイメージが記憶されますのでそこからさらなる展開も可能です。

もちろん、デザインがなかなか決まらない場合は何度か修正を繰り返す必要があります。スケッチはそのためのものです。一口にスケッチと言っても幾つかの目的があります。目の前にあるものを描きとめるためのものであったり、または脳にあるイメージを定着させるためのものであったりします。

私も久しぶりに描きましたので、てんで上手くは行きませんでしたが、いずれまたチャレンジしてみたいと思います。

しかし縦長も悪くはないですね。どうせならもっと長くして、現代アート風の掛け軸になりませんですかね。無理かな。

では、本日もありがとうございました。

光った部分を抜いてみる

こういう練習をするのは、まずモノクロでやるのが理にかなっていると私は思います。

光って見えるということが、どのような陰影の組み合わせでそう見えるのか、これを観察するのはとても重要かつ楽しいと思います。

光った地面を描く
雨上がりの田舎道

それ自体が発光しているものもありますが、照り返った部分もあります。水面は最も私達にそれを感じさせてくれるものだと思いますが、雨上がりの道路も非常にドラマチックな照りを見せることがあります。

続きを読む

棚田

久しぶりにポスカラでのモノクロ画です。棚田と言うほどではないですが、ちょっとばかりそれ風の風景です。 練習ではありますが、以前から似たようなイメージで何点か描いておりました。

水墨画風の風景画

黒一色で描く世界は独特だと思います。元々このブログの出発点はここですので、ちょっと古巣に戻った感もありますね。

スケッチブックの上ではやはり墨よりも一般的な絵の具の方が馴染みます。とくに黒の感じが違いますね。墨汁はあまり濃くすると照りが出たりするし、真っ黒とは程遠いです。

しかし墨には墨の面白さがありますので、あれこれとやってみたいと思います。

これはまた、明暗による暗示描画ですが、以前から記事にしております形抜きの練習でもあります。つまり世間で言うネガティブペイントです。

様々なグラデーションでどのように形を抜いていけるかが勘所です。それなりの素描力がなければ、なかなか上手く抜けません。モノクロで練習を積むことは有意義だと思います。

本日もありがとうございました。

単純を目指した水彩画(池の畔)

モノトーンと言っておきながら続けての水彩画ですが、これはほぼモノトーンに近いので仲間入も悪くはないでしょう。

これは前回よりも、もっと大雑把を目指した描き方です。仮に水彩であれば、当ブログではこの路線を目指したいと思います。

単純を目指した水彩画
池の畔

 しかし、絵を描く者は一部だけの趣味で終わらぬほうが良いと思います。世の中には壮大なオペラもあれば夜想曲もあるのです。ラフなスケッチ調もあればしっかり仕上げたものもあります。が、いずれにしても、あまりねちこち描かれたものには抵抗があります。

続きを読む

時には水彩画

このブログは基本的にモノクロかモノトーンに限っていますので、色物は公開していないのですが、しかしたまにはようございましょう。

しかし私は元来は油彩画を中心に描いていまして、水彩、特に透明水彩はまだまだ研究段階です。 

水彩による風景画

いつもモノクロでトライしているような雰囲気で描きたいのですが、なかなかこちらにはこちらの癖があって難しいです。

何事も物事は、一つ要素が増えるとトタンに難しくなります。丁度暗号のキーがひとつ増えただけで桁違い(それこそ桁が上がるのですが)に難しくなるのと同じ理屈です。

それ故、私は先ずモノトーン、明暗でのものの見方を十分に研究したいとの考えでこのブログは成り立っています。

しかし好奇心を抱かせるものであれば何でもトライしていますので、これからも時には色彩画も公開したいと思います。

この絵に関しても、どこにでもある極めて廉価な画材だけで描いています。文具屋さんかスーパーで手に入るもので先ずは練習を積み上げるのが現実的だとの考えです。

人口減で絵画人口も減っているとは思いますが、特別な画材をあつらえることが難しい環境であっても、多くの人に絵画に楽しみを持って頂ければと思っています。

本日もありがとうございました。 

負の形でモデリング

私も絵を描き始めた頃に教わりましたが、形には正と負がある。ポジとネガですね。

これは仮にそう呼んでいるに過ぎませんが、ポジとはポジティブ、つまり描こうとしている主題のことです。しかし形は主題の外側にもある。これを負の形と言い、絵を描くにはこれを意識する必要がある、その理由は主に構図上のことでした。これを意識しないと良い構図は取れないと。

 

負の形でモデリング

しかし私には、ちょっと別の意味でも面白い部分があるように思えます。

例えば裸婦のモデリングをするにしても、一般的には主題、つまりポジの方を描きます。絵画でも、ポジの形をとってしまえば周りを埋めるのは容易ですが、その場合は特にネガティブペイントと言わずとも、絵を描くなら誰でもやっていることです。

 

負の形でモデリング
これは薄くアタリをとっています。

私は形抜きと個人的に言っていますが、外側の形に対する素描力も大事ではないかと考えるのです。周りを描くことで主題を浮き上がらせるのはなかなか面白い練習ですが、普段はあまりやらない逆を考えるので、なかなか思うように行きません。

 

負の形でモデリング

しかしやってみる価値はあると思います。主題に対する素描力がどれほどあるかは、逆を描くことによってより認識できる思います。

いきなりが難しければ、薄くアタリを描いてからでも良いですし、本来は人に見せるものではない練習ですので、なるべくなら、うまく行かなくてもアタリなしでやってみる方が良いと思います。

何でも試してみましょう。ネタティブ思考にならないように…。

本日もありがとうございました。

叢(くさむら)

草や雑木の生えているところです。相変わらず墨汁と安物の筆で描いています。

草むらの水墨画

うーん、ほぼ現代アートしちゃってますね。丹念に描くと言うよりも筆を自由に動かす方が面白く感じます。しかしなかなか決まらないのも事実です。正直なところ、苦労も少なくありません。

 

シルエットだけの単純なモデリング

もちろんこちらの続けています。可能性がありますのであれこれやってみます。これは単純なシルエットになっていますが、これは実はそれなりに妙味のあるものです。

いずれ機会があれば記事にしたいと思います。

アートダストでモノクロの暗示的な描画を始めて以来、振り返ってみると私自身にもこれは大きな変化をもたらしたと思います。絵を描く人間が暗中模索をすると外からはなかなかわからないものですが、我慢強くお付き合いくださればと思います。

 しかし最近は墨汁での描画が続きましたので、次あたりではまたガッシュに戻したいと思います。

本日もありがとうございました。