風の舞い

裸婦デッサンや単純化を目指したイメージスケッチを楽しんでいます。

流れ

イメージスケッチを挟みます。これは渓谷の流れをイメージしています。 

渓谷の流れをイメージ

 以前から、単純な明暗のパターンを適当に置くだけで、ある部分が顔に見えたり物に見えたり、或いはまったく風景に見えたりすることがあるのに気付いていました。

多分、心霊写真と通ずる部分があるのではないでしょうか。

 ですので、そういう部分から個別にイメージを描くことができますし、ちょっとしたきっかけさえあれば自分なりの光景を描くことが可能です。

世間の多くのイラストレーターも、現実にはない光景を描くことが多いはずです。何でも描く訓練はしておいた方が良いと思いますね。

ぶらりとスケッチ歩きも楽しいですが、片方では頭の体操をしてみるのも面白いと思います。単純な幾何学的図形の重なりからシーンを想像することも可能です。

私が絵を描いている重要な部分に、物の見え方の不思議があります。偶然にできたイメージの方が苦労して描いたものより面白いことが多い。

写実がオンリーでおやりになっている方にはちょっと通じないかも知れませんが…。

 

本日もありがとうございました。